中小機構

スタートアップエンジェル連携推進協議会

コラム

コラム

 

第1回

「エンジェル投資」入門

起業した時に課題になるのが「資金調達」。難しい局面を乗り切るだけでなく、大きくスケールさせるためにも多額の資金が必要なケースがあります。
銀行など金融機関からの融資や、ベンチャーキャピタルからの出資など、資金調達には様々な方法がありますが、その中でも近年注目を集めている資金調達方法が「エンジェル投資」です。

エンジェル投資は個人が行うため、会社立ち上げ初期の段階で出資してもらうケースが多く、最初の外部資本調達として資金を調達する、投資家の応援団を増やすことåができるなどの効果があります。エンジェル投資で土台を作って、ベンチャーキャピタルなどから大きな投資を受けるというケースもあります。

今回は、エンジェル投資の概要と、エンジェル投資を受けるためにやっておきたい準備について解説します。
併せて、実際にエンジェル投資を行なっている投資家と、エンジェル投資を受けた起業家の声をご紹介します。

エンジェル投資とは

「エンジェル投資」とは、起業したばかりの段階やベンチャーキャピタル(以下VC)※1など投資会社から資金調達できるようになる前に、個人が出資を行うことを指します。
出資の理由は、社会貢献や自身の経験やネットワークを使用して後進の経営者を育成するためなど、投資家によって様々です。

ちなみに、「エンジェル」という言葉は、もともと欧米ではアーティストを支援する人のことを指していました。そこから転じて、現在では「起業家に投資をする人」という意味で使われています。
社会的に大事な起業家を自らの財産と知恵で支援する様子は、まさに「エンジェル」といえるでしょう。

エンジェル投資で見逃せないのが、お金だけでなく、知識や経験、人脈や信頼も一緒についてくるということ。そして、VCでは取れないリスクを取ることができるということです。
VCだと判断できない投資ができるというのもエンジェル投資の特長です。

エンジェル投資が
注目を集めている理由

日本で行われているエンジェル投資の件数は、投資家の層が厚いアメリカに比べるとまだまだ少ないのが現状です。
一方で、近年は新進気鋭のスタートアップが画期的なサービスを打ち出し株式上場を果たしたり、社会的に大きなインパクトを与えるケースが多くなってきたこともあり、スタートアップに注目が集まってきています。

長年ビジネスをリードしてきたベテラン経営者や起業家などを筆頭に、そのようなスタートアップへの投資を行う人が増えてきたことで、「エンジェル投資」という言葉も世間に浸透し始めてきました。

また、中小企業庁が打ち出している「エンジェル税制」も、エンジェル投資を後押ししている要素のひとつです。
エンジェル税制とは、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して、税制上の優遇措置を行う制度です。

企業側がエンジェル税制を利用するには、手続きの他にもいくつかの条件(3年未満、赤字、創業者の持ち株比率が一定以下など)に該当する必要がありますが、投資する側は、総所得または株式譲渡益から投資分の控除が受けられるなどの優遇措置があります。

また、日本でもIPOやM&Aで財産を手にした創業者が、起業家に投資をするという状況ができつつあります。成功した起業家が次の世代の起業家に投資をして循環していく、というサイクルが拡大していくと、成功するスタートアップが生まれやすくなるでしょう。

投資額の相場は?

投資額については、投資家それぞれの考え方によりますが、おおよそ1社あたり数十万円~数千万円程度。なかには「1社100万円」で数を増やす、というように投資額についてのルールを設けている方もいます。

また、1社に対して集中的に投資をして影響力を及ぼせる株式のシェアを持つ方や、少額で広く分散して投資する方もいます。

エンジェル投資を受けた際の
メリット・デメリット

では、エンジェル投資を受けた際、どのようなメリットとデメリットが考えられるのでしょうか?

メリット

約定返済不要で資金を得ることができる

エンジェル投資を始めとした「出資」は「融資ではないので返済は不要」です。
銀行に代表される金融機関から融資を受けた場合、一定の約定に従って利息と一緒に元本を返済しなければいけませんが、エンジェル投資を受けた場合、そのような約定返済の必要はありません。
上場やM&Aなど、投資した企業が何かしらの成功を収めた結果、株式を高い値段で売却できれば、多大な利益を得ることができるからです。

ただし、「出資を受ける」ということは、「投資してくれるエンジェルに対して企業価値を上げ、上場やM&Aを目指すというコミットメントをする」ということを意味します。発展させることに全力を尽くすことが求められます。

会社の信頼度向上につながる

エンジェル投資をしている方の多くは、ビジネスを引っ張ってきたベテラン経営者や、事業を成功させた起業家です。

エンジェル投資を受けた企業は、そのような方々が株主として名を連ねることで、他の投資家や取引先に対して信用を補完することができるでしょう。

経営のアドバイスが得られる

また、エンジェル投資をしている方の多くは、それまで培ってきた人脈や経験を持っています。

もし事業を進める際に困ったことがあったら、その知識をもとに良いアドバイスを得ることができるでしょう。 場合によっては社外取締役などとしてより深く企業に関わってくれる可能性があります。

投資判断が速いケースが多い

前述した通り、エンジェル投資をしている方の多くはベテラン経営者や事業を成功させた起業家です。生き馬の目を抜くビジネス界を生き残ってきたので、判断力に秀でています。

金融機関の場合は決済が必要なため、投資判断に数か月かかるのが普通ですが、エンジェル投資は投資家本人が決断するので、素早い投資判断ができるケースが多いです。

デメリット

経営に介入される

メリットの部分でご紹介した「経営のアドバイスを得られる」ですが、相性が合わないと投資を受けた企業にとって、ときに疎ましく感じるケースもあるようです。
エンジェル投資はあくまでも個人のお金。VCからの投資のようにビジネスライクな関係だけでなく、エンジェル投資家と起業家の個人的関係も無視できません。エンジェル投資をしてもらう際に、相性が合うか、信頼を置ける人かを見極めることが大事です。

また、いったん投資を受け入れたら、良好なコミュニケーションを維持することが重要です。出資を受ける場合は、適切に情報開示や相談などをしていきましょう。関係がこじれると解消が難しいですが、関係が良好であれば、心強い応援団になります。

株の分配をする際に注意が必要

一度投資家に渡った株を手放してもらうのも難しくなります。「融資は返さないといけないが、出資は返せない」ということです。

税務的な免除が受けられない場合がある

例えば、出資を受けたことによって資本金が1,000万円を超えると、起業1期目・2期目でも消費税の納税義務免除対象から外れてしまう場合があります。

他にも、資本金額によって納める税額が変わるものがありますので、企業に関わる税制度はどんな種類があるのか気を配っておく必要があります。

エンジェル投資家とは
どうやって知り合えばいい?

ここまでエンジェル投資について解説しましたが、恐らく「エンジェル投資をしてくれる人とは、どうやって知り合えばいいの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

そこで、ここからはエンジェル投資をしてくれる人、いわゆる「エンジェル投資家」にどうやってアプローチすればいいのかを解説します。

エンジェル投資家と知り合う前にやっておきたい5つの準備
投資を受けることで、企業は大きく成功に近づくことができるでしょう。
そのチャンスをモノにするために、まずはエンジェル投資家と会う前にしっかり準備をしておくことが大切です。

エンジェル投資家と知り合う前にやっておきたい5つの準備

投資を受けることで、企業は大きく成功に近づくことができるでしょう。
そのチャンスをモノにするために、まずはエンジェル投資家と会う前にしっかり準備をしておくことが大切です。

1.会社の理念・存在意義を説明できるようにする

エンジェル投資家の思いに応えるためにまず重要になるのが、会社の理念や存在意義。いわゆる「ミッション・ビジョン」と呼ばれるものです。

自分たちはこの事業を通じてどのように社会の問題を解決したいのか、どのように社会に良いインパクトを与えることができるのか。

事業をやっていく上での「核」となる大切な部分ですので、しっかり説明できるようにしておきましょう。綿密な事業計画も大事ですが、大きなビジョンと熱意があってこそエンジェル投資家の心を動かします。

2.事業計画を練る

前述しましたが、エンジェル投資家の多くは優れた経営者か成功した起業家です。「熱意を込めて、真剣に事業計画を作ってきたかどうか」は、すぐにわかります。

また、机上の空論ではなく、創業者の人物と実行力を見ます。少しでもアピールできる実績を作りましょう。創業者が優秀で熱意がありスピード感をもって努力できることは、エグジット※2するほどの成功を収める上では最低条件になります。
「様々な課題を乗り越えて、継続していくことができる」という熱意をしっかり伝えることも重要です。

通常の起業や融資の事業計画書であればIPOなどのエグジット計画は不要ですが、出資の場合はエグジットの方針が必要になってきます。それでなければ投資した利益を回収する計画が立たないため、投資家との議論が成り立ちません。

例えば、IPOを目指す場合はIPOの時期・規模が大事になってきます。最近ではM&Aを前提としているケースもあります。起業家からすると、「事業をしたいのであって、エグジットを考えたくない」、「事業に集中したい」と考えるかもしれませんが、まずエグジットは投資の現実的なゴールであることを理解しましょう。

エンジェルを説得しうる水準に高める過程で、自分でも気が付かなかった可能性が見えてくるケースもあります。

投資家はどんなところ見ている?
対策を立てる際のポイント

  • 1.事業が伸びるか
  • 堅実に成長して返済できれば良い融資と違うところです。

  • 2.トップ、経営陣の人物・能力
  • 社長が非常に重要です。できれば社長だけでなくチーム、経営陣だとより良いです。

  • 3.領域
  • 伸びる分野、また投資家自身が興味ある分野かどうか、という点です。

  • 4.誰が出資しているか
  • 他の投資家が出資しているというのは信頼の尺度にもなります。

  • 5.評価額・シェア
  • 1株いくらにするかは重要なポイント。同じ時期に投資してもらう株価・条件は揃えるケースが多くラウンドと呼ばれます。なお、株価は上げすぎると下げることが難しく、ダウンラウンドと呼ばれVCなどは評価損が表面化し、成長に対する疑義が生じるためするため非常に嫌われます。エンジェル投資の場合は、株価が低い状態で投資をしてもらい、そこから株価を上げていくケースが多いです。

  • 6.投資の出口
  • エグジット計画でIPOやM&Aなどで、投資したものをいくらで売却できるかということです。

    3.エンジェル投資家のバックグラウンドを調べる

    エンジェル投資家がどういう性格でどういう業界の方なのかを知っておいた方が、的を射た提案をしやすくなります。例えば、投資家が本業とのシナジー(相乗効果)を狙った提案をすることもできるでしょう。

    4.ネットワークを広げる

    どんな事業でも、一人でできることは限られています。
    家族、親族をはじめ、友人や知人など、協力者の輪を広げましょう。広げていくことによって、思わぬ人から思わぬ形でサポートを受ける可能性もあります。
    つまり、身近な人の理解や協力を得られないようでは、エンジェル投資家を納得させるのはかなり難しくなる、と考える必要があるでしょう。

    また、経営者・起業家の人脈を広げることも大事です。
    企業によってやっている事業は違えども、同じことで悩んでいる起業家・経営者は多くいらっしゃいます。悩みを共有・解決していくことでできる起業家や経営者の関わりから、人脈を広げていくことも有効です。そこでのあなたの評価が、エンジェル投資家が持つ印象に影響を与えるかもしれません。

    ネットワークを作る方法は、起業家が集まる組織(業界団体や商工会議所など)を活用したり、SNSを活用するなど多岐に渡ります。イベントやセミナーへの参加も有効でしょう。

    5.場数を踏む

    出資を受けるというものは、100社回って1社投資をしてくれるかどうかの世界です。
    プレゼンをして断られると、自信を失いがちになります。ですが、自信が無さそうな顔をしていてはプレゼンはうまくいきません。気持ちを立て直し、本当に投資をしてくれる相手に合うまで、めげずにプレゼンの練習だと思って場数を踏む必要があります。

    また、ダメだった場合でも、実績が増えてきたら再度アタックしてみるケースもあります。
    これは、エンジェル投資だけでなくVCなどの投資も同じで、状況が変わればOKということがあるからです。

    ダメ出しされたところは、計画を練り直す、説得の方向を変えるなど、次に行かせる情報の宝庫です。チャンスを粘り強くモノにしましょう。

    準備が整ったらエンジェル投資家へアプローチ!
    準備が整ったら、エンジェル投資家へアプローチをしていきます。

    接点がある人を整理してアタックする
    最初にエンジェル投資をしてくれるのは、友人や親戚、仕事上の接点があり信頼関係を持っているような人が多いと言われています。アメリカでも最初のエンジェル投資は「family&friend」と言われるように、すでに信頼関係がある身近な人に最初のエンジェルになってもらうというのが一つの方法です。

    自分の事業と相性が良い、性格的にもウマが合う人と信頼関係を作り、お願いをしにいくと良いでしょう。

    紹介をしてもらう
    伝手を頼って紹介してもらうというケースです。自身は投資はしないけれども、投資家を紹介してもらうというケースがあります。

    経営者に直接連絡する
    手紙やメールなどで直接連絡する方法です。ですが、返事をもらえる確率は低いです。
    ほとんどが門前払いになってしまうケースが多いですが、本当に会いたい人の場合、登壇するイベントを探したり、紹介などあらゆる手段でコンタクトを取るようにします。

    イベントやピッチコンテストで知り合う
    起業家や経営者が参加するイベントの中には、エンジェル投資家が参加者として名を連ねていることがあります。また、ベンチャー企業が自身のサービスをプレゼンするピッチコンテストでは、審査員を務めていることもあります。

    VCや金融機関、全国各地の自治体などもイベントを開催していることがあるので、エンジェル投資家と知り合うために活用していきましょう。

    エンジェル投資家・エンジェル投資を受けた起業家の声

    ここで、実際にエンジェル投資を行なっている投資家と、実際にエンジェル投資を受けた起業家の声をご紹介します。

    投資家 PE&HR 株式会社 代表取締役
    山本 亮二郎

    —投資活動でのやりがい、良かったと思う瞬間は?

    山本:優れたベンチャー企業に投資できたときです。また、何年もかけてその投資先が高いレベルで成功したときや、それで得た資金をまた次の優れたベンチャー企業に投資できたときも、「良かった」と感じる瞬間です。

    —起業家が行う事業計画やプレゼンにおいて、「これだけはやっておいてほしい」というポイントはありますか?

    山本:「何がやりたいか」、「なぜやりたいのか」、「それはどの程度の思いなのか」をしっかり伝えることが大切です。その上で、事業計画の合理性が見られます。一番大切なのは、「単価×個数(回数)」=「売上高」を実現できる可能性です。

    —投資をしたい!と思う企業の特徴はありますか?

    山本:投資するまでの期間に「心が揺り動かされる瞬間が必ずある」ということが、全ての投資先に共通します。

    投資家 株式会社キープレイヤーズ CEO/代表取締役
    高野 秀敏

    —投資活動でのやりがい、良かったと思う瞬間は?

    高野:投資先が成長し、ユーザーがだんだん増えることですね。

    —起業家が行う事業計画やプレゼンにおいて、「これだけはやっておいてほしい」というポイントはありますか?

    高野:社長の強みや実績をアピールすることです。「なぜそのマーケットで勝てるのか」という根拠を知りたいですね。

    —投資をしたい!と思う検討先の特徴は?

    高野:社長が「絶対に結果を出す」という覚悟を持っていることです。巻き込み力が尋常じゃない人や、結果を出すために自分を変えることが出来ることが多いですね。

    —最初のエンジェル投資を受けようと思っている起業家に向けて、「ここだけは気をつけてほしい」という点はありますか?

    高野:起業家の方には、起業する前に我々に声をかけてほしいです。または、できるだけ早く行動する、ということですね。

    エンジェル投資を受けた起業家
    株式会社 STANDING OVATION 代表取締役CEO
    荻田芳宏

    —現在行なっている事業について、教えてください。

    荻田:手持ち服から自動でコーデ提案してくれるファッションアプリ「XZ(クローゼット)」と、大人女子向けファッションWebマガジン「XZ days(クローゼットデイズ)」を運営しています。

    —起業家にとって、エンジェル投資を受けるメリットはなんだと思いますか?

    荻田:エンジェル個人の方の知見アドバイスはもちろん、ネットワーク人脈から識者をご紹介いただけることも多いことです。

    —エンジェル投資はどういう段階の方に向いていると思いますか?

    荻田:個人の方が決裁するので、スピード感が早いが、VCのような大きな金額ではありません。プロダクトマーケットフィット(問題の解決法を提案する商品・サービスが市場に受け入れられているか)を見つける段階で、エンジェル投資家に支援していただくのが向いていると思います。

    —エンジェル投資を受ける起業家に対して、アドバイスをお願いします。

    荻田:エンジェル投資を受けた起業家は、お金を預かって運用する立場です。事後のフォローなども見据えて、事業に貢献いただける方を慎重に吟味して判断・お願いすべきだと思います。

    まとめ

    会社の成長に伴ってVCなどから更に多額の資金調達を行う場合、事業や社長の人柄について厳しく審査されますが、起業時に有力なエンジェル投資家が関わっている場合は、投資判断に一定の安心感を与えるケースが多くあります。VCは、エンジェル投資家が起業直後から関わっていることで下記のように判断できるからです。

  • ・投資家や支援者を集めている、つまり、周到に計画をしている。
  • ・金融、資本調達の知識を持っており活用できている。
  • ・有力なエンジェルを説得するだけの能力を持っている。
  • ・エンジェルの資金以外の、助言や人脈などの助力によって事業が成功しやすい。
     事業への評価が起業家本人にプラスして、投資家への評価も一部含まれてくる。
  • ・他者の協力を得ようとしている。
    =謙虚に客観的に自分の事業や実力を評価している
  • エンジェル投資を受けることは経営者の能力の証明でもあるため、その事業への信頼性が高まり、成功確率が上がります。したがって、起業にあたってエンジェル投資の対象になる事業の場合は、積極的に活用することをおすすめします。

    ※1
    ベンチャーキャピタル:まだ株式上場などには至っていないが、大きな成長が見込める企業を対象に投資する会社のこと。「VC」と略されることもある。
    ※2
    エグジット:スタートアップの創業者やVCが投資した資金を回収する方法のこと。エグジットの方法としては大きく、株式公開による株式市場での株式売却(IPO)と、M&A(企業買収)による株式売却等が挙げられる。
    ▲Pagetop